音声データの作成

 音声データの作成

 iPhoneに最初からインストールされている「ボイスメモ」アプリを使用して、 音声を録音します。録音した音声データをPCに同期(コピー)し、MP3ファイルとして変換する手順を、詳しく説明していきます。
 iPhoneからPCに音声データをコピーする際に、USBケーブルが必要となりますので、あらかじめご用意ください。

 

 

<ボイスメモの使い方>


 

 iPhoneアプリの中から「ボイスメモ」をタップ(実行)します。

 

 

 

 

 画面中央の赤いボタンをタップすると録音が開始されます。 他のアプリに移っても、録音は継続されます。

 

 

 画面上部の「録音中」をタップすると録音中の画面に戻ります。

 

 

 

 赤いボタンをタップすると一時停止され、その後、右横の「完了」をタップすると録音を終了します。

 

 

 

 録音したボイスメモの名前を入力し保存します。

 

 

 

 保存したボイスメモをタップし、「編集」をタップすると録音データのトリミングが行えます。
トリミングの必要が無ければ、そのまま「iPhoneからPCにボイスメモを保存する」にお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 次にiPhone上に保存したボイスメモを、PCに同期(コピー)します。

 

 

<iPhoneからPCにボイスメモを保存する>


 

 ここではWindowsPCを使用して説明します。
 最新のiTunesをAppleのホームページからダウンロードし、インストールします。

 iTunesを起動し、メニューバーから「編集」 > 「設定」を選択します。環境設定のウインドウが表示されるので、メニューから「デバイス」をクリックします。
メイン

 

環境設定

 

 「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」のチェックボックスをチェックして、 自動で同期しないようにします。
 「OK」をクリックし、メイン画面に戻ります。

 

 

 USBケーブルでiPhoneとPCを接続し、メニューバーのすぐ下、左寄りにあるiPhoneアイコンボタンをクリックします。
メイン

 

 

 

 左側のメニューから「概要」を選択し、右側の「オプション」から、 「このiPhoneを接続しているときに自動的に同期」と、「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」のチェックボックスがチェックされていないことを確認します。
 確認ができたら、左側のメニューから「ミュージック」を選択します。
メイン

 

 

 

右側の「ミュージックを同期」チェックボックスをチェックします。
メイン

 

 

 

 右側の「ボイスメモを含める」をチェックします。 画面右下の「同期」ボタン(最初の設定時には「適用」ボタン)をクリックすると、iTunesとiPhoneが同期されます。
「同期」ボタン右隣の「終了」ボタンをクリックすると、iPhoneの選択が終了します。
メイン

 

 

 

同期が正しく行われれば、左側のメニューからライブラリの「曲(ミュージック)」を選択することで、 画面右側に録音したボイスメモが現れます。
メイン

 

 

 

※注意
 iTunesとiPhoneの同期(コピー)が上手くいかない場合は、iTunesの代わりに他のアプリを使用してコピーすることをお勧めします。 「iFunbox」や「iTools」などを使用すれば、簡単にコピーができます。インストールや使用方法につきましては、 該当するアプリケーションのWebサイトを参照ください。

 

次にiTunesに保存したボイスメモを、MP3ファイルに変換します。

 

 

<ボイスメモをMP3ファイルに変換する>


 

 ボイスメモデータは、そのままではファイル名の拡張子が"m4a"となっているAAC規格の音声ファイルなので、 MP3ファイルとは違った音声になっています。そこで"m4a"ファイルから"MP3"ファイルに変換が必要となるため、その方法を詳しく説明します。

 

 

 iTunesメイン画面のメニューバーから「編集」 > 「設定」を選択します。 環境設定のウインドウが表示されるので、メニューから「一般」をクリックします。
 画面下の方にある「CDをセットしたときの動作」から「インポート」を選択します。 そのインポートの右隣「インポートの設定」ボタンをクリックします。
環境設定

 

 インポート設定ウインドウが現れます。 「インポート方法」から「MP3エンコーダ」を選択します。 「設定」は、ここでは「高音質(192 kbps)」を選択します。
 最後に「OK」をクリックしてインポート設定を終了します。
インポート設定

 

 

 

 環境設定画面に戻りましたら、画面右下の「OK」ボタンをクリックし、 iTunesのメイン画面に戻ります。
環境設定

 

 

 

 画面右側でMP3に変換するボイスメモを選び、 メニューから「ファイル」 > 「変換」 > 「MP3バージョンを作成」を選択します。 すると、変換元のボイスメモの下に、同じ名前のボイスメモが追加されます。そのボイスメモを右クリックから「プロパティ」を選び、 「ファイル」ボタンをクリックすると、MP3ファイルに変換されていることが確認できます。
 iTunesのメイン画面に戻ります。
メイン

 

プロパティ

 

 

 

  PCに作成した音声データは、microSDカードリーダなどを使用し、専用メモリカードに保存します。
保存した専用メモリカードは、「専用メモリカードの取り付け方」で詳しく説明しますが、WSD001A-J本体の裏側にある蓋をスライドさせて取り外し、 専用メモリカードコネクタに差し込みます。
あとはWSD001A-J本体の電源を入れ、設定画面から保存した音声ファイルを選び設定すれば、その音声を鳴らすことができます。

 

>>戻る

 

 

 


  テクノベインズ株式会社 〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目31-4 ツナシマ第1ビル2階 電話:03-3832-7460 (平日:09:00-17:30) FAX:03-3832-7430
Techno Veins Co.,Ltd. Tsunashima Daiichi Bldg 2F, 31-4, Yushima 3, Bunkyou, Tokyo, 1130034, JAPAN. Tel:+81 3-3832-7460 FAX:+81 3-3832-7430  sales@technoveins.co.jp (弊社地図)
Copyright © 1987-2017 Techno Veins Co.,Ltd. All Rights Reserved.