WSD001A-Jお客様使用例


施設内見学ツアーをされている会社様でご使用いただいおります。
案内人が1台のタブレットから各フロア毎のブースにチャイム音または音声でお知らせします。
見学者が出発した際に各フロアに一斉に知らせる「出発通知」、
1Fのブースに近づいたことを1Fのブースだけに知らせる「接近1」、
2Fのブースに近づいたことを2Fのブースだけに知らせる「接近2」とし運用されています。
 











 

※使用例を基に作成したイメージです(実際の運用とは異なります)

タブレットのブラウザからWebサーバ上のhtmlにアクセスします。
タブレット、WSD001A-Jは同一ネットワーク内である必要がございます。


お客様の情報を基に弊社でhtmlで作成したコードです。

 

  <!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset='utf-8'>
<title>WSD001A-Jサンプル</title>
<script type="text/javascript">
function playAll() {
// WSD001A-Jを一斉に動作させる処理
// ①のWSD001A-J

var xhr = new XMLHttpRequest();
xhr.open('GET', "http://192.168.1.100/play?notice=1");
xhr.send();
xhr.onreadystatechange = function() {
if(xhr.readyState === 4 && xhr.status === 200) {
console.log(xhr.responseText);
}
}
// ②のWSD001A-J
var xhr2 = new XMLHttpRequest();
xhr2.open('GET', "http://192.168.1.101/play?notice=1");
xhr2.send();
xhr2.onreadystatechange = function() {
if(xhr2.readyState === 4 && xhr2.status === 200) {
console.log(xhr2.responseText);
}
}
// ③以降も同様の処理
}

function play1() {
// WSD001A-Jを個別に動作させる処理 
// ①のWSD001A-Jを鳴らす

var xhr = new XMLHttpRequest();
xhr.open('GET', "http://192.168.1.100/play?notice=1");
xhr.send();
xhr.onreadystatechange = function() {
if(xhr.readyState === 4 && xhr.status === 200) {
console.log(xhr.responseText);
}
}
}

function play2() { 
// ②のWSD001A-Jを鳴らす
var xhr = new XMLHttpRequest();
xhr.open('GET', "http://192.168.1.101/play?notice=1");
xhr.send();
xhr.onreadystatechange = function() {
if(xhr.readyState === 4 && xhr.status === 200) {
console.log(xhr.responseText);
}
}
}
// ③以降も同様の処理
</script>

</head>

<body>
<form method="get" action="" name="sample">
<input type="button" value="出発通知" onclick="playAll();"><br/>
<input type="button" value="接近ボタン1" onclick="play1();"><br/>
<input type="button" value="接近ボタン2" onclick="play2();">
</form>
</body>
</html>